How to repair the insertion part with masking tape レーザー加工工作の差し込み部分をマスキングテープで補強する方法
Engawaの部品が外れやすくなったら Try it if the Engawa parts are easy to come off
Publication Date: 2022.2.6 (Sun) 公開日時: 2022年2月6日(日)

お絵かき&音ゲーが捗るタブレットスタンド「Engawa by 谷6Fab」などレーザー加工工作は、使っているうちに差し込み部分が摩耗し、ゆるくなって部品が外れやすくなることがあります。
Engawaは木材なので木工用接着剤を使っても良いのですが、完全に固定したくない、手が汚れそう、といった懸念があるかもしれません。そもそも用意していないという方には少し億劫に思うでしょう。

この記事では、マスキングテープを使ってこの問題を解決するひとつのアイデアを共有します。ここで行うのは差し込みの補強であり、接着のように固めるものではないので、いざというときの分解も今まで通りできます。

まず、マスキングテープを差し込み部分のツメ側(差し込み口に挿さる方)に、上の写真のように貼り付けます。これで板の厚みが僅かに増します。表と裏それぞれに貼るのではなく、1枚で包むように貼ると、差し込む際にテープがずれるのを防ぎます。

仕上がりが気になる場合は、余った部分をカッターナイフで取り除くと良いでしょう。マスキングテープはかなり薄いため、カッターナイフで軽くなぞるだけで裁断することができます。くれぐれも部品が破損する程度の傷をつけないように、また怪我をしないように軽い力で処理してください。

あとはそのまま差し込むだけです。差し込む際の噛みつき具合が増したという手応えを感じるかもしれません。

「Engawa by 谷6Fab」をはじめ、モノは手入れ次第で長く使えます。必要があれば手を加えて、ご愛用ください。

Topic 話題
Tani6Fab è°·6Fab
Laser Processing レーザー加工
Products 製品
Craftmaking 工作
Engawa by Tani6Fab Engawa by è°·6Fab